本文へスキップ

教材出版 学林舎は学習教材の制作・販売、教育商材(理科実験工作教材・アメリカの教科書など)を取り扱っています。

TEL. 06-4962-5876

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘3-19-3

新しい教育シーンをクリエイト


【GAKURINSHA TOPICS】
全国学力・学習状況調査を考える
 平成27年の全国学力・学習状況調査は、4月21日におこなわれる。学力テストと言われているが、実際は、文部科学省が中心となって実施する調査である。調査の目的を文部科学省は下記のように示している。

◇義務教育の機会均等とその水準の維持向上の観点から,全国的な児童生徒の学力や学習状況を把握・分析し、教育施策の成果と課題を検証し、その改善を図る

◇学校における児童生徒への教育指導の充実や学習状況の改善等に役立てる

◇そのような取組を通じて、教育に関する継続的な検証改善サイクルを確立する


 調査対象は、国・公・私立学校の小学校第6学年、中学校第3学年。原則として全児童生徒。調査内容は国語、算数・数学、理科。問題はAとBに大きく分けられる。
 Aは「知識」に関する問題。「身に付けておかなければ後の学年等の学習内容に影響を及ぼす内容」「実生活において不可欠であり常に活用できるようになっていることが望ましい知識・技能」など。
 Bは「知識」を活用する問題。「知識・技能等を実生活の様々な場面に活用する力」「様々な課題解決のための構想を立て実践し評価・改善する力」など。
 このような科目別調査に加えて、生活習慣や学習環境等に関する質問用紙にこたえる調査がある。この調査結果をもとに学習教育を改善すべく様々な提案を文部科学省はおこなっている。

・授業アイディア例の提案

・全国学力・学習状況調査の4年間の調査結果から今後の取組が期待される内容のまとめ

・全国学力・学習状況調査において特徴ある結果を示した学校における取組事例集

・全国学力・学習状況調査の結果を活用した実践研究の成果報告書

・全国学力・学習状況調査の結果を用いた追加分析
                                など

 全国学力・学習状況調査が実施された背景には、PISA(65カ国の地域・約51万人参加の調査テスト)の結果が悪かったことにある。そのため、学力の底上げを考え、学習指導要領の改訂(脱ゆとり)、全国学力・学習状況調査、スーパーサイエンスハイスクール制度(SSH)などの具体的な政策を文部科学省を中心におこなわれてきた。2012年の最新のPISA調査によれば、数学的リテラシーは7位。読解力・科学的リテラシーは3位である。過去の状況と比較すると今おこなっていることが、成果としてでるには時間が必要である。
 ただ、学習教育に関しては、まだまだ、改善すべき点は多い。反転授業などの新しい取り組みが行われているが、さらなる官民一体となった改革に加えて、大人たちの学習に対する改革も必要である。自分たちが受けてきた学習教育を見直し、グローバル社会に対応すべく、柔軟な思考が求められる。大人が進化(深化)しなければ、子どもも進化(深化)することは難しい。大人だから、子どもだからという思い込みを外し、共に学びあう力、共に創りあげる力が求められるのではないだろうか。 





バナースペース

教材出版 学林舎

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘3-19-3
TEL 06-4962-5876
FAX 06-4962-5877
e-mail info@gakurin.co.jp