本文へスキップ

教材出版 学林舎は学習教材の制作・販売、教育商材(理科実験工作教材・アメリカの教科書など)を取り扱っています。

TEL. 06-4962-5876

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘3-19-3

新しい教育シーンをクリエイト


【GAKURINSHA TOPICS】
学習教育の行く先「STEM教育の実践」


 STEM教育に関しては、アメリカ発信のScience、Technology、Engineering、Mathに重点を置いた理数学習教育の実践ですが、ここ数年日本の学習現場でも、多くの学校、塾、教室が具体的に実践を始めています。中でも、ロボットプログラミングの学習教育は拡大しつつあります。
 弊社では、アーテック社のロボットプログラミング教材を研究、販売しております。教材内容に関しては、ブロックを使いロボットを制作しStuduino(スタディーノ)というプログラム基盤とロボットを連結させ、ノートパソコンと接続し、Studuinoのプログラムをパソコンにダウンロードし、プログラミングをしてロボットを動かす内容になっています。
 ロボットプログラムというとハードルが高いイメージがありますが、この教材は、非常にシンプルでありブロックでロボットを作成するため自由度が高く、創造力や思考力を養う教材として活用できると考えています。具体的には、下記のようなロボットをブロックで制作しプログラミングして動かすことができます。
  
     

 STEM教育のひとつであるロボットプログラミングに関しては、今後、学校レベルにおいても拡大していきます。
 当然、民間教育機関レベルはもちろんのこと個人レベルにおいても子どもだけを対象にしたものではなく、大人も対象に広がっていくと予測されます。拡大していく理由のひとつに従来のプログラミング学習、教育のほとんどは、パソコンの中の限られた空間の中でバーチャルにおこなわれていました。そのバーチャル空間から一歩踏み出し、現実的にロボットを作り、プログラミングし、動かすことによって、創造力や思考力の伸びしろは広がると考えられます。学林舎ではアーテック社と協力し、STEM教育のひとつであるロボットプログラミング学習を現場に進めていきたいと考えております。
 学林舎では、アーテック社のロボットプログラミング教材に関して、プログラム(Studuino)のセットアップなどのサポートをおこなっていきます。また、学習現場において、アーテック社のロボットプログラミング教材を使って指導できるプランもご用意しております。ご興味・ご関心のある方は、学林舎 担当:北岡までお問い合わせください。
TEL:06-4962-5876 e-mail:info@gakurin.co.jp



バナースペース

教材出版 学林舎

 〒661-0035
 兵庫県尼崎市武庫之荘3-19-3
 TEL 06-4962-5876
 FAX 06-4962-5877
 e-mail info@gakurin.co.jp