本文へスキップ

教材出版 学林舎は学習教材の制作・販売、教育商材(理科実験工作教材・アメリカの教科書など)を取り扱っています。

TEL. 06-4962-5876

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘3-19-3

新しい教育シーンをクリエイト


○国語を考えてみる ああ、素晴らしき哉、日本語P
 国文法は奥が深い! 
文/学林舎国語顧問  森本 秀俊
 突然ですが、次の問題にチャレンジしてみてください。
 次の@〜Cの下線部の「れる」「られる」と同じ働きを持つ「れる」「られる」を使った文を、あとのア〜エからそれぞれ選び、記号で答えなさい。

 @ 弟はピーマンを食べられる
 A いたずらをして母にしかられる
 B ふるさとが思い出される
 C 先生はよく笑われる

 ア 明日、市長が来られる
 イ もっと速く走れる
 ウ ねこに足をかまれる
 エ 母のことが案じられる

 いかがですか? 簡単にできたでしょうか。これは、いわゆる国文法における「助動詞」の問題です。助動詞と聞いたら、まずうかぶのが、can やmust といった、英語の助動詞ではないでしょうか? 中学・高校時代に、英文法にはおおいに苦しめられた思い出があると思います。それに比べて、国文法はなおざりにされてしまっているような気がしてなりません。
 それでは、問題を解いていきましょう。まず、@の「食べられる」ですが、これは「可能」の意味を表す助動詞です。英文法でいえばcan にあたるものですね。イの「走れる」が同じ可能の意味を表す助動詞です。次にAの「しかられる」は「受け身」の意味を表しています。英文法でいえば〈be 動詞+過去分詞〉の形ですね。ウの「かまれる」が同じ働きをもつ助動詞です。
 国文法の奥の深さが発揮されるのは、Bの「思い出される」からです。これは「動作が自然におこる」という意味をもつもので、「自発」の助動詞とよばれるものです。英文法では、このような助動詞は見当たりません。エの「母のことが案じられる」の「られる」が同じ働きをしています。そして、Cの「笑われる」は、相手の動作を敬う言い方、すなわち「尊敬」の助動詞で、一般的には敬語とよばれるものの1つです。英語には、日本語ほどのまとまりのある敬語表現はありません。アの「来られる」が同じ働きをもつ助動詞です。
 答えは、@ イ A ウ B エ C ア となります。

 さて、さきほど、国文法が英文法に比べてなおざりにされてしまっているような気がすると書きました。これは、国語をしっかりと身につけるべき小学校の学習での国文法に対する「教える側」の意識の低さから来ているのではないかと、私は思っています。もちろん、中には国文法を徹底的にたたきこむ教育カリキュラムをもっている学校があったり、国文法に精通した先生がいたりするでしょう。しかし、全体として、やはり「なおざりにされている」という印象はぬぐえません。
 私は、小学校の高学年あたりから、国文法を意識して勉強をすべきだと考えています。それは、「助動詞には、受け身、可能、自発、尊敬、使役、打ち消し、推量などがある」という知識を身につけるためだけではありません。国文法を意識して、言葉を書いたり話したりすることで、子どもの言語感覚は飛躍的に伸びていくはずです。日本語は,世界の言語の中でもかなり習得するのが難しい言語の一つだと言われています。私たちはその日本語を生まれたときから使って、自然に身につけているという幸運にめぐまれています。せっかく運をつかんでいるのに、国文法をなおざりにしておくのはもったいないとは思いませんか?

ああ、素晴らしき哉、日本語。(つづく)   





バナースペース

教材出版 学林舎

 〒661-0035
 兵庫県尼崎市武庫之荘3-19-3
 TEL 06-4962-5876
 FAX 06-4962-5877
 e-mail info@gakurin.co.jp