本文へスキップ

教材出版 学林舎は学習教材の制作・販売、教育商材(理科実験工作教材・アメリカの教科書など)を取り扱っています。

【GAKURINSHA TOPICS】 学習教育の行き先 全国学力テスト分析 小学校編

 平成28 年4 月19 日( 火) に全国学力・学習状況調査が実施されました。全国学力・学習状況調査とは、文部科学省が年に1 回実施している学力調査試験で、小学生では第6 学年の児童が調査対象となります。
 出題範囲は、調査する前の学年( 第5 学年) までに含まれる指導事項で、出題内容は、「知識」(A 問題) と「活用」(B 問題) の2 種類あります。
 「知識」は、身に付けておかなければ後の学年などの学習内容に影響を及ぼす内容や、実生活において必要不可欠であり、常に活用できるようになっていることが望ましい知識・技能などをはかる問題です。また、「活用」は、知識・技能等を実生活の様々な場面に活用する力や、様々な課題解決のための構想を立てて実践し、評価・改善する力などを確認する問題です。
 ここでは、平成28 年度に実施された小学校国語と小学校算数の出題内容を分析・総括します。

□小学校国語
 小学校国語では、問題形式や出題問題数については、昨年度から大きな変更はみられませんでした。
 A 問題では、大問5 で図と表とを関係付けて読む問題が出題されました。この問題は、目的に応じて、図と表とを関係付けて読むことができるかどうかをみるねらいがあります。昨年度のB 問題でも、文章と図とを関係付ける問題が出題されており、図から情報を読み取る問題は2 年連続で出題されています。表や図を関係付けて読むことは、他教科でも必要な力になります。この問題で、各教科の学習の基本となる国語の能力が身に付いているかどうかをはかっていると考えられます。
 B 問題では、昨年度に比べて「読むこと」の領域の問題が3 問減り、「話すこと・聞くこと」の領域の問題が3 問増えました。大問1 は「話すこと・聞くこと」の問題で、話の展開に応じて質問し、必要な情報を得る問題でした。この問題では、インタビューメモをもとに、話し手の意図を捉えながら聞いたり、話の展開に沿って質問したりすることができるかどうかをみるねらいがあります。これは、相手や目的、意図に応じて、事柄が明確に伝わるように工夫することや、話の内容や話し手の意図を捉えながら聞いたり、質問したりする能力が備わっているかどうかを、確認していると考えられます。

□小学校算数
 小学校算数でも、問題形式や出題問題数については、昨年度から大きな変更はみられませんでした。
 A 問題では、出題問題の総数は変更されていませんが、「数と計算」の領域での出題が、昨年度より2 問増えていました。また、大問2 設問(4) で、分数×整数の計算をした上で約分したあとの答えを求める問題が出題されていました。大問2 は四則計算の問題で構成されており、主に整数や小数、分数の計算をすることができるかどうかをみます。分数÷ 整数、分数× 整数の計算は、H24、H25、H27 年でそれぞれ出題されていますが、約分したあとの答えを求める問題は、今年度が初めての出題となりました。
 B 問題でも、出題問題の総数に変更はありませんでした。出題大問数5 問のうち、図形を使ったものや資料を使ったものなど、バランスよく出題されています。しかし、大問2 の「ハードル走」を題材にした問題や、大問3 の「メダル作り」を題材にした問題など、昨年度に比べてより日常生活に即した場面での問題が出題されているという印象があります。

 全国学力・学習状況調査は、全国的な児童・生徒の学力や学習状況を把握し、教育指導の充実や学習状況の改善などに役立てるものです。今年度の調査結果をふまえて、全国の児童・生徒に合った、よりよい教育指導ができる機会が増えることが期待されます。(文/ 学林舎編集部)