本文へスキップ

教材出版 学林舎は学習教材の制作・販売、教育商材(理科実験工作教材・アメリカの教科書など)を取り扱っています。

【GAKURINSHA TOPICS】2020年学習指導要領の行き先 プログラミング教育

 2020 年に施行される新小学校学習指導要領に「プログラミング教育」が追加され、大きな注目を集めています。そこで以下に、プログラミング教育とは何か、どのようなプログラミング教育が行われるのかをまとめました。

□プログラミング教育の目的とは

 プログラミング教育の目的のひとつに「論理的思考力を育成する」というものがあります。そもそもプログラムとは、コンピュータが動くための“ 指示・命令”の集まりです。例えば、自動ドアが開閉するプログラムは「センサーが人を認識する」→「扉が開く」→「一定時間(開いたまま)待つ」→「人がいなければ扉を閉じる」というように、あらかじめ“ 指示・命令”が用意されており、これに基づいてコンピュータ(ここでは自動ドア)が作動します。このような一連の流れをひとつひとつに分解し、順序を組み立てることがプログラミングです。子ども自身にプログラミングを行わせることで、身の回りのコンピュータが動くしくみを理解することができるようになります。プログラミング教育は、子ども自身が、一連の流れや目標を達成する手順を順序立てて考え、様々な課題を解決する能力を身につけるための教育といえます。

□どのようにプログラミングを行うのか

 プログラミングと聞いて、多くの人はパソコンの画面に文字や数字が羅列しているようすを思い浮かべるのではないでしょうか。実際、多くのプログラミング言語がテキスト(文字)の記述で行われます。しかし、近年開発されたプログラミング言語では、テキストによるものだけではなく、ブロックを組み合わせるようにして行うものもあります。視覚的なオブジェクトを組み合わせて記述されるプログラミング言語は、ビジュアルプログラミング言語と呼ばれ、子ども向けのプログラミング教材に多く取り入れられています。
 では、ビジュアルプログラミング言語の具体例を見てみましょう。
 Scratchは、MIT メディアラボがプログラミングの初心者や子ども向けに開発したプログラミング言語です。あらかじめ用意されたブロックの形をした命令を組み合わせることで、
ゲームやアニメーションを作成できます。
 プログラミンは、文部科学省が開発した子ども向けのプログラミング学習サイトです。あらかじめ用意された命令を組み合わせてゲームやアニメーションを作成できます。「ミギーン」「ヒダリン」(移動させる命令)、「ヒダリクルリン」(回転させる命令)、「オンプン」(音を出す命令)など、命令の名前もユニークです。

□ロボットプログラミング

 プログラミングを用いてロボットを操作する学習キットも発売されています。例えば、レゴマインドストームは、ブロック玩具であるレゴを組み立ててロボットを作成し、そのロボットをタブレットやパソコンでプログラムし、制御します。同様の教育用に開発されたロボットプログラミング学習キットに、Sony のKOOV?があり、ブロックと電子センサーを組み合わせて子どもたちがプログラミングを学習することができます。これらはどちらもビジュアルプログラミング言語を用いてプログラムし、操作することができます。
 一方、ソビーゴは、テキストによるプログラミングで制御するロボットプログラミング学習キットです。ロボットを、小型のパソコンを使ったテキスト入力で制御します。ロボット本体は段ボールでできており、子ども自身が飾りつけを行うので、プログラミングだけでなくデザインの作成も楽しむことができます。
 プログラミング教育は、子どもたちがプログラミングを通して創造することの楽しさを学ぶとともに、課題解決のための能力を身につけるための教育です。(文/学林舎編集部)

【関連商品】
うきうきロボットプログラミングセット(書籍付)
初級者向け「ロボットプログラミングセット」