本文へスキップ

教材出版 学林舎は学習教材の制作・販売、教育商材(理科実験工作教材・アメリカの教科書など)を取り扱っています。

学林舎NEWS 2018.4.4 学林舎推薦図書 奇跡の「ほめ育」改革から学ぶ 

「すみません」から「ありがとう」
プラス思考、発想、表現が現場を人を変えていく


 一般財団法人ほめ育財団の代表理事である「ほめ育」提唱者の原 邦雄さんが弊社にお越しいただいた際に「奇跡の「ほめ育」改革」という本をぜひ読んでくださいと手渡されました。
 原さんが提唱する「ほめ育」とは、世界15カ国、200社以上が導入して、成果と実績をあげている「人をほめて育てる」人材育成法です。
 この「ほめ育」を2016年に日本の保育園で初めて導入されたのが「奇跡の「ほめ育」改革」の著者である谷里保育園理事・園長の白相奈津子さんです。
 この本では、園長の白相さんが「ほめ育」を導入する経緯から、先生方、スタッフと一緒になって「ほめ育」を学び、その学びを子どもたちに転化する様子が描かれています。この本を読んで一番感じたことはプラス思考、発想、表現が人を変えていくという“熱”です。私も6歳、2歳の子どもがいますが、子育てにもこの「ほめ育」の力を転化するべきだと強く感じました。 現在、私たちが取り巻く世界は情報であふれています。そして、その多くは不安、悲観、批評であふれています。その、不安、悲観、批評を超えていくには、プラス思考、発想、表現を自分自身が身につける必要があります。自分を取り巻く状況を変えるのではなく、自分が変わらなければならないのです。「ほめ育」は、自分自身を変えるための“機会開発”だと「奇跡の「ほめ育」改革」を読んで、改めて感じました。
 幼稚園、保育園の先生はもちろんのこと、学校の先生、学習塾の先生、子育てを頑張っている親御さんにもおすすめの本です。(文/学林舎 北岡)









バナースペース

教材出版 学林舎

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘3-19-3

TEL 06-4962-5876
FAX 06-4962-5877
e-mail info@gakurin.co.jp